「clindsc」は、スポーツ選手・愛好家の方々にDr.成田がより良いスポーツ診療を提供するために開設されたサイトです。
clindsc(スポーツ整形外科クリニカルデスク) HOME
クリニカルデスク案内
プロフィール
clindsc-information
ご予約方法・Q&A
リンク
成田哲也  昭和31年3月5日生

1974年 3月 愛知県立時習館高等学校 卒業
1980年 3月 日本医科大学 卒業
同  6月 日本医科大学整形外科学教室 入局
1986年 3月 医学博士(日本医科大学大学院卒業)
同  4月 下館市民病院整形外科 医長
1989年 7月 日本医科大学整形外科 医員助手
1991年 4月 日本医科大学整形外科 医局長
1993年 4月 日本医科大学整形外科 講師
2002年 4月 日本医科大学武蔵小杉病院 整形外科部長
2003年10月 日本医科大学整形外科 助教授
2008年10月 スポーツ整形外科・膝関節外科 クリニカルデスク 所長
日本整形外科学会専門医
日本体育協会公認スポーツドクター
日本整形外科学会認定スポーツ医
スポーツ医学、スポーツ整形外科学   
スポーツ膝関節外科学
日本バスケットボール協会医科学研究委員会 委員(1993-)
大蔵省印刷局王子工場女子バレーボール部・チームドクター(1994-1996)
日本オリンピック委員会 強化スタッフ(1996-)
日本バスケットボール協会 男子強化部会(ナショナル委員会) 部会員(1996-)
バスケットボール日本リーグ機構(JBL) 理事(1996-2007)
バスケットボール男子日本代表チーム・チームドクター(1997-)
日本整形外科学会スポーツ委員会 委員(1999-2002)
日本バスケットボール協会医科学研究委員会 副委員長(1999-2003)
日本整形外科スポーツ医学会 評議員(2000-)
日本体育協会 指導者育成専門委員会 スポーツドクター部会員(2001-)
日本バスケットボール協会医科学研究委員会 委員長(2003-2007)
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 評議員(2005-)
2006バスケットボール男子世界選手権(日本) 医事委員長
日本臨床スポーツ医学会 評議員(2009-)
スポーツ選手・愛好家のための関節障害診断と治療−臨床的・基礎的研究
再建膝前十字靭帯の臨床的・基礎的研究
膝前十字靭帯損傷予防のための臨床的・基礎的研究
バスケットボール競技力向上のための臨床的・基礎的研究
成田哲也ほか:鏡視下半月板切除術後の成績とMRI像. 東京膝関節学会会誌. 12: 163-168, 1992.

成田哲也ほか:半月板損傷診断における click の検討. 東京膝関節学会会誌. 15: 150-153, 1994.

Narita T, et al:Effect of Plyometric jump training for female volleyball players. Jpn J Orthop Sports Med. 16: 348-355, 1996.

森 淳, 成田哲也ほか:当施設における膝前十字靭帯再建後スポーツリハビリテーションの筋力改善効果の検討. 運動療法と物理慮法. 8: 76-80, 1997.

成田哲也:スポーツ選手における関節障害の診断と治療 -膝関節障害を中心として. J Nippon Med Sch.65: 245-248, 1998.  (PDF 20KB)【要約】

宇野康弘, 成田哲也:バスケットコートでのアスレチック・リハビリテーション. 整形外科アスレチックリハビリテーション実践マニュアル. pp171-180, 1998.

Mori A, Narita T, et al:Early postoperative athletic rehabilitation program for muscle strengthening after anterior cruciate ligament reconstruction. Jpn J Orthop Sports Med. 18: 349-356, 1998.

武田知通, 成田哲也ほか:サッカー選手における床反力計を用いたターン動作の解析. 日本臨床バイオメカニクス学会誌. 19: 521-525, 1998.

成田哲也ほか:鏡視下膝前十字靭帯再建術の関節鏡所見とMRI像.J Nippon Med Sch.67: 162-163, 2000.(PDF 276KB)

成田哲也ほか:バスケットボール・ナショナルチームにおける医科学サポートの現状. 臨床スポーツ医学. 17: 452-455, 2000.

成田哲也ほか:バスケットボールにおける成長期スポーツ障害. MB Orthopaedics. 13: 108-113, 2000.

成田哲也ほか:スポーツ用膝装具:臨床評価面からの検討−膝前十字靭帯・回旋不安定性制御効果.臨床スポーツ医学.17: 1475-1480, 2000.【要約】

Narita T, et al:The effect of accelerated rehabilitation on athletes after anterior cruciate ligament reconstruction using semitendinosus and gracilis tendon augmented by woven polyester. J Japan Knee Society. 25: 216-221, 2001. (PDF 21KB)【要約(和文)】

成田哲也ほか:バスケットボールにおける整形外科的メディカルチェックと予防へのコツ. 臨床スポーツ医学. 18: 1009-1014, 2001.

成田哲也ほか:バスケットボール競技特性と膝前十字靭帯損傷-日本リーグにおける障害調査-. 臨床スポーツ医学. 19: 75-79, 2002.  (PDF 20KB)【要約】

Narita T, et al:Anterior cruciate ligament injuries among wakeboarders: A case report. J Nippon Med Sch. 71: 57-62, 2004.(PDF 118KB)

本学(日本医科大学)スポーツ医学の現状と展望(成田哲也:日医大誌.62:561,1995.)(PDF 19KB) 【要約】
   
”膝のバスタイム・エクササイズ” (PDF 55KB)【要約】
ページTOPへ移動します